marinライフ

毎日楽しく生きたい多趣味ブログ

ドラえもんについて本気で考えてみた。

日本国民に長年愛されている

ドラえもん



男女問わず
だいたいの人が一度は目にしたことがあるであろう

あの水色の丸っこいロボット。


その水色によく泣きつく
メガネの少年。


そのメガネをおちょくる
オンチな色黒の少年。


そのオンチの横で
虎の威を借りまくっている
絵に描いたようなボンボン息子。


そんな少年らのアイドル
昼からお風呂に入るのはいいけど
時折読者をハッとさせるほどどぎつい一言を発する
少女。


この5人をメインに
長年愛されてきたドラえもん








じつはこのドラえもん





賛否両論があるそうです!





ことの発端は


職場の待合室に漫画を置こうと思い、

スタッフに

ドラえもんを置こうかな〜


と話したことでした。


すると一人のスタッフが



ドラえもんは賛否両論あるからね

あたしも自分の子供には見せてないよ。


とのこと。




これを聞いてビックリ!!

色々ビックリ!



まず、あのドラえもんに賛否両論?!



そんでもって子どもって自分が観るアニメも選べないの?
言うてもドラえもんよ?!







いやービックリビックリ。
でも別にね、いいんです。

子育てって家庭ごと
色んな考えがあるだろうし。


ただ私とは考えが違うだけ。





でも、気になる。





そこで、ドラえもんのどんなところに否があるのか
ネットで調べてみると.......






簡単に言えば

ドラえもんのび太を甘やかしすぎる



という所みたいですね。



なんでも道具で解決してしまうドラえもん

調子に乗るのび太


これはこのアニメのお決まりの流れですからね。



でも結局
オチはいつも

のび太が調子に乗りすぎて痛い目をみる

チャンチャン♬



と。






えーーーー


これ、ダメ???




と思ってしまう私は

親の自覚が足りないのでしょうか........





そこで考えてみた。







ドラえもんは本当に教育上良くないのか





実は少し前に

ワインのつまみに
ドラえもんの話しで盛り上がった事があったんです。



私の幼なじみと、その彼と。
ライブを観に行った帰りの鉄板焼き屋で

ライブの興奮冷めやらぬテンションで
熱くドラえもんを語ったのです。



あぁ、たしかに。
思い返してみれば
否の要素ありますね。


だって私

自分の子どもがのび太だったら嫌だわぁ

って言っちゃったし。


きっと親の気持ちとして
自分の子どもがのび太みたいになったら嫌だな
ってのがドラえもんを否と論じることにつながるのかな。



でもそこで幼なじみに教えてもらったのはこれ




のび太結婚前夜



以下ネタバレになりますが



しずかちゃんが

のび太との結婚前夜

自分のお父さんに

私不安なの。と話します。



するとしずかちゃんパパは

のび太くんを選んだ君の判断は正しかったと思うよ。
あの青年は人の幸せを願い、
人の不幸を悲しむことができる人だ。
それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。



その通りでございます。
しずかちゃんパパは脇役で登場回数も少ない割に
すんごい爪痕残しますね。


しずかちゃんパパの懐の深さよ.......





たしかに泣き虫で他力本願なのび太ではありますが

しずかちゃんパパの言う通り

人間として大事な事はちゃんと押さえているんですよね。





そして私が一番好きなドラえもんの映画





この映画では
いつものび太を泣かせている
ジャイアンの優しさに触れます。




挙げだしたらキリがない


いい漫画であり、いいアニメじゃないか!と私は思う。


でもそれは私の個人的な感想であり
実際に子どもを育てたことがある
または育てている方達にも

話を聞いてみました。



今回のことの発端は



いろんな方が来る
職場
ドラえもんの漫画を置くかどうかってことなのでね。







つづきは次回!


本気でドラえもんについて考えた結論。

そして現役子育て中の方たちに聞いたリアルな声。

グッときた。いちばん大切なことってなに?




お楽しみに。



涙なしでは読めない感動の2作

のび太結婚前夜
おばあちゃんの思い出


武田鉄矢の歌が胸に染みる.......
ドラえもんのび太ドラビアンナイト